8年前に設置したウッドデッキが、痛んでいるとご相談を受けました。耐久性が低いソフトウッドのデッキが腐食が進んでおり、基礎部分も痛みが生じています。今回、ウッドデッキにハードウッドのイタウバ材を選択してくれました。


傾斜地ウッドデッキをイタウバでリフォーム

スタッフからのコメント
ログハウスのウッドデッキをイタウバでリフォームが完成! 8年前に設置したウッドデッキが、痛んでいるとご相談を受けました。 ソフトウッドのデッキが腐食が進んでおり、基礎部分も痛みが生じています。 床板の一部が腐食のため抜け落ちて危険な状態です。 お客様はソフトウッドとハードウッド(かなり腐り難い)を知り 今回、ハードウッドのイタウバ マットグロッソ州産を選択してくれました。 既存のウッドデッキは、お客様ご自身で解体していただきました。 高層に関しては、まず、構造材を組んでいきます。 ウッドフェンスの柱は地面から伸ばして設置し強度を高め、揺れが生じないようにします。 柱、根太共にイタウバ材を使用しています。 床面もイタウバ材を貼っています。油分が多く滑らかな面材なので、裸足であるいても大丈夫です。 クロスフェンスは木材の数を抑えられるのでコストダウンできます。